戻る

Day Contents

Diary

etc

2017.6.19
(月)晴れ

●タイトル●
本当にガッカリする試合だった

昨日、サッカーJリーグ、対磐田戦を見に行った。
あまりにもひどい逆転負けで、本当にガッカリしたし、悔しくてしょうがない。
この間のACLでの勝利がすっ飛んでしまった。

最初の失点は、相手のフリーキックのボールを、GKの西川がパンチしようと飛び出したが
ボールに触れることができずに誰もいないゴールにヘディングで決められてしまった。

その後、阿部の2得点で逆転したのだけれど、相手の陣地で攻めているときに柏木が相手に
パスしてしまい、それを前方に蹴られて、またしても西川が判断ミスで飛び出して相手にボール
を奪われて、そのままゴールを奪われてしまった。
気落ちしたレッズに対して磐田は新しい選手を入れて積極的に攻めて2ゴール、試合は決まった。

試合全体として、磐田はレッズを研究して攻めさせず、ボールを奪ったら素早い攻撃で一気に
攻め切る戦略でレッズを圧倒した。先日の清水戦も同じようなパターンで失点したし、ここのところ
レッズのサッカーのやり方は相手に研究され読まれていて攻撃の途中でパスをカットされてしまう
ことの繰り返しだ。

これではゴールできないし、失点を防げない最悪のパターンだ。
繰り返すということは、チームの戦術・戦略が相手に対して機能していないということだ。
監督はどんなシーズンでもこういう時期はある、と言っているが、私はそういう問題ではなく、
根本的にレッズのサッカーが通用しなくなっているという事実が気になるのだ。

はたして修正できるのか?
今後の数試合でハッキリするだろう。
この悔しさをなんとか振り払ってほしいが、はたしてそれをレッズはできるのか?
正念場である。





Todays Photo

投稿メール

本日のトピックス



2017.6.1(木)
雨のち曇り
のち晴れ

●タイトル●
レッズ総力の勝利

昨日、埼玉スタジアムにて、AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦
対韓国済州ユナイテッドFCの試合を観に行った。

第1戦のアウェーでは0:2で負けていたので、今日は3:0以上で勝つ必要があった。
1点でも取られると4点取らなくてはならないアウェーゴール方式の厳しさがあり、
とにかく失点0でまずは2点取って追いつかなくてはならない緊張感があった。
だからレッズサポーターのボルテージはすごいものがあった。

試合はレッズペースで進み、前半18分、相手ゴール近くでフリーキックを得て、柏木が
素晴らしいクロスを上げて、輿梠のこれまた素晴らしいタイミングのジャンプからヘッド
で先制点を奪った。

その後前半34分、またしても輿梠が前線でボールをキープし、逆サイドの李にパス、
これを李が角度のないところからシュート、ボールはキーパーの足元の横をすり抜け
ゴールに吸い込まれた。

前半で2:2に追いついたレッズは、後半は慌てず慎重に攻めた。
セットプレーとカウンターで何回か危ないシーンもあったが、みんなで頑張って凌いだ。
そして延長後半9分、左サイドの高木が中に切れ込んで早いクロス、これを飛び込んだ
森脇が決めて勝ち越しに成功!あとは時間をうまく使うだけ、ロスタイム2分になった。

しかしここからとんでもない出来事が起きる。相手のコナー付近でボールキープしていた
レッズの選手と済州の選手がもみ合い興奮気味になった。そうしたらどういうわけか、
ベンチにいた済州の選手がピッチに走りこんできてなぜか阿部に襲い掛かり肘打ちを
食らわしたではないか!本当にビックリした。こんなことがあっていいものか!
審判はその選手にレッドカードを出したが、こんなことでは済むまい。
きっと提訴したら数か月の出場停止処分になるだろう。

この騒動になる前、ロスタイムはすでに1分40秒を過ぎていたので、再開後は相手の
ボールを外に蹴りだすだけだったが、ゴール前にボールが来て一瞬危ないと思ったが、
ズラタンが蹴りだして試合終了!レッズが勝利を収めた。

ところが、ここから、またまた韓国の選手の蛮行が始まった。
レッズの選手に殴り掛かり、ペットボトルを投げつけ、追いかけて暴力を振るおうとした。
こんな行為は許されるはずもない。本当に恥ずべき、サッカー選手とは思えない行為だ。

最後は後味の悪いものになったが、レッズは選手、スタッフ、サポーター、すべてが団結
したからこそ、勝利できたのだと強く感じた。
サッカーというスポーツは素晴らしいものだし興奮するときもあるけど、感情のまま暴力
を振るうチームは試合をする権利はないだろう。
アジアサッカー連盟からは厳しい処分を望む。


勝利の瞬間、倒れる選手、喜ぶ観客たち


泣きながらインタビューに答える森脇選手

Todays Photo

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る

2017.6.?
(?)?

●タイトル●

Todays Photo

●?

投稿メール

本日のトピックス

戻る