●目  次●

1)女性の悩み  2)皮膚疾患・アレルギー  3)メンタル疾患
4)痛み(首・肩・腰・膝・坐骨等)  5)生活習慣病
6)胃腸・体力

皮膚疾患・
アレルギー


●実際例-1●【皮膚疾患】

主訴
大人のニキビ(吹き出物)

年齢・性別・体格
33歳、女性、中肉

今までの経過
数年前から、アゴ、頬、オデコに小さい赤い吹き出物が出るようになる。生理前に悪化する。皮膚科に通い治療を受けたが、なかなか改善せず来店。

体質・症状
体質普通。元気で食欲アリ。二便普通。年間を通して寒がり・冷え症(手足)で生理痛がひどく、寒いと痛みが強く、温めると楽になる。生理前、頭痛がする。

弁証
脾腎陽虚により、体とお腹の熱量が不足して、腹腔内の血液循環が悪くなり、停滞した弱い熱量と老廃物が身体上部に追いやられて、それがアゴ・頬・オデコに溢れたために吹き出物となる。

治療法
温中散寒・補気健脾+補血・活血・利水(胃腸と体を温めながら元気にして、血液を増やしながら循環を良くして余分な水分の代謝を良くすることで、全身の気血の流れを良くして老廃物が停滞しないようにする)

服用経過
服用後1ヵ月、特に変化はないが、なんとなくイイ感じ。
服用後2ヵ月、体調が良いので続けてみたいと言ってくださった。
服用後4ヵ月、生理痛がなくなり、吹き出物が減ってきた。
服用後6ヵ月、お肌がきれいになってきた。吹き出物も気にならない。足は冷えるが以前より改善。
その後ずっと継続していて、とても喜ばれる。

●実際例-2●【皮膚疾患】

主訴
アトピー性皮膚炎

年齢・性別・体格
26歳、女性、普通〜少しぽっちゃり

今までの経過
小さい頃(1歳)からアトピーで、顔は19歳頃からひどくなり、皮膚はカサカサで紅く痒い。病院でステロイド剤や抗アレルギー剤で治療してきたが、一時的には多少良くなっても、ずっと繰り返してきた。結婚をしたいので、何とか早く治したい。

体質・症状
体質水太り、アレルギー体質、鼻炎あり、食欲は普通で、便通は便秘・下痢交互。中学2年生の時に腎糸球体腎炎を経験。3年前、左目の角膜が破けてレーザーによる手術をする。

弁証
脾腎の虚(先天不足)→血陰虚生風(皮膚に栄養が届かないので皮膚機能が乱れて痒くなる)→化熱(赤くなる)

治療法
腎陰と血を補い、熱を冷まし、痒みを和らげる

服用経過
服用後3ヵ月で、赤味、カサカサ、痒みは4割程度改善する
服用後6ヵ月、季節の変わり目や、精神的ストレスで悪化したりして症状に波がある。
服用後1年、6割は良いがその先なかなか良くならないので、弁証と治療法を変える。
●弁証・・・陽虚による陰盛格陽(体の陽気不足によって、弱い陽気が外に追いやられて虚の熱となって皮膚の正常な機能を乱す)
●治療法・・・補陽+潜陽+健脾
●服用後1ヵ月・・・今までにないほど改善する。赤味、カサカサ、痒みが8割改善。
●服用後6ヵ月・・・自分本来の肌が出て来る。
●服用後1年・・・9割がた改善し、腎機能も改善し、目の角膜も手術しないで済むようになった。母親から感謝される
          その後、めでたく結婚し子供も2人生まれ、幸せな家庭を築いているそうです。
          現在は量を減らして服用中。

●実際例-3●【皮膚疾患】

主訴
顔の皮膚炎

年齢・性別・体格
31歳、男性、痩せ型

今までの経過
22歳〜23歳頃、頬の下部からアゴにかけて赤い島状の皮膚炎ができる。病院で抗生物質を出され飲んだら症状は安定していたが、1年前から抗生物質が効かなくなり、色々変えても治らなくなった。お酒も飲まないし、なぜそうなったのか原因が分からない。どうしようもなくて、漢方薬を試そうと来店。

体質・症状
体は丈夫だが、足が冷えて、疲れやすく、食欲が落ちている。患部は紅く、痛痒く、破れると白色や黄色の膿が出る。
温かい飲み物が好き。舌:淡紅、白泡苔があり湿っている。

弁証
陽虚による陰盛格陽(体の芯の熱量不足により、熱エネルギーと体液の協調性がなくなり、浮いた体熱と働きを失った体液が身体上部に追いやられて、発露している状態)

治療法
温中散寒・補気健脾+清熱発散(お腹と体の芯を温めながら、上部の熱を発散させながら冷ます)
その後 
温中散寒・補気健脾+辛温解表・補陽(お腹と体の芯を温めながら、皮膚の表面に陽気を届けて発散)

服用経過
服用後1ヵ月、2〜3割良くなっている感じ。
服用後2ヵ月、5〜6割良くなっている感じ。
服用後3ヵ月、右の首〜アゴにかけて赤く腫れてしまった。清熱したので陽気を損ね、陰盛格陽気味になったかもしれないので、清熱発散を止めて温めながら発散させる治療に変更し、創傷治癒作用のある沖縄の薬草(ケアピローサ)を追加。
服用後4ヵ月、首の後ろの腫れはだいぶ良くなっているが、アゴは腫れたまま、頬は少し良くなっている感じ。
服用後6ヵ月、だいぶ良くなってきて7割〜8割がた改善。ビタミン剤も追加。
服用後9ヵ月、すごく良くなっている。ほぼ完治に近い。


●実際例-4●
【皮膚疾患】

主訴
アトピー性皮膚炎

年齢・性別・体格
26歳、女性、普通〜少しぽっちゃり

今までの経過
小さい頃(1歳)からアトピーで、顔は19歳頃からひどくなり、皮膚はカサカサで紅く痒い。病院でステロイド剤や抗アレルギー剤で治療してきたが、一時的には多少良くなっても、ずっと繰り返してきた。結婚をしたいので、何とか早く治したい。

体質
症状
体質水太り、アレルギー体質、鼻炎あり、食欲は普通で、便通は便秘・下痢交互。中学2年生の時に腎糸球体腎炎を経験。3年前、左目の角膜が破けてレーザーによる手術をする。

弁証
脾腎の虚(先天不足)→血陰虚生風(皮膚に栄養が届かないので皮膚機能が乱れて痒くなる)→化熱(赤くなる)

治療法
腎陰と血を補い、熱を冷まし、痒みを和らげる

服用経過
服用後3ヵ月で、赤味、カサカサ、痒みは4割程度改善する
服用後6ヵ月、季節の変わり目や、精神的ストレスで悪化したりして症状に波がある。
服用後1年、6割は良いがその先なかなか良くならないので、弁証と治療法を変える。

●弁証・・・陽虚による陰盛格陽(体の陽気不足によって、弱い陽気が外に追いやられて虚の熱となって皮膚の正常な機能を乱す)

●治療法・・・補陽+潜陽+健脾

●服用後1ヵ月・・・今までにないほど改善する。赤味、カサカサ、痒みが8割改善。
●服用後6ヵ月・・・自分本来の肌が出て来る。
●服用後1年・・・9割がた改善し、腎機能も改善し、目の角膜も手術しないで済むようになった。母親から感謝される。その後、めでたく結婚し子供も2人生まれ、幸せな家庭を築いているそうです。現在は量を減らして服用中。


●実際例-5●
【皮膚疾患】

主訴
にきび(吹き出物)
年齢・性別・体格
36歳、女性、中肉
今までの経過
顔(ほお、おでこ、口の周り)に、小さいやや赤い吹き出物が1年ぐらい前から出るようになった。体調も今一なので漢方薬で治したい
体質
症状
体質普通、疲れやすく、冷えのぼせがある。イライラ、ねあせ、倦怠感、むくみがある。顔色はやや赤くお肌は荒れやすく痒いときがある。
肩こり、背中のこり、胸苦しい、のどが痞える。月経は周期が遅れ気味で量が少なく色が暗いときありで血塊が小さいのがあり生理痛がある。
打撲するとアザになりやすい。
弁証
陽虚血虚→血於
治療法
健脾補陽+活血化於(脾腎の陽気を補いながら停滞している悪い血液を除くことで、老廃物が顔に出ないようにする)
服用経過
服用後1ヵ月で吹き出物が小さくなってきた
服用後2ヵ月、アレルギー性鼻炎が出ているとのことで、処方を追加
服用後3ヵ月、お薬の服用を少しさぼったらまた出てきてしまったので、1日3回の服用をお願いする
服用後4ヵ月、浮腫みが取れないので処方を変更
服用5ヵ月、吹き出物は小さくなり、生理痛も減っている


●実際例-6●
【皮膚疾患】
主訴
皮膚が痒い
年齢・性別・体格
90歳、女性、中肉
今までの経過
3か月前からお腹、脇、腕に小さい湿疹ができて痒い。病院では原因不明。漢方薬で治したい
体質
症状
体質丈夫〜普通、食欲二便普通、冷えはない、脈に力がある、お風呂に入ると痒くなる
弁証
陰陽両虚→衛気虚→営衛不和
治療法
陰陽相補+栄衛調和
服用経過
服用後1週間で改善、その後も痒くない


●実際例-7●
【皮膚疾患】
主訴
アトピー性皮膚炎
年齢・性別・体格
22歳、女性、中肉
今までの経過
小さいころからアトピーで、思春期はニキビが出た。現在は顔(おでこ、頬、あご)と首が赤く痒くカサカサ乾燥する。掻くと白屑が落ちる。
体質
症状
体質普通、やや冷え性で、平熱36,0℃、毎年手足にしもやけができる。食欲旺盛、大便普通〜やや軟便、まれに腹痛を伴う下痢。冬場、口唇荒れる、フケが出やすい。月経周期28日、軽い生理痛あり。舌:偏紅、薄体、薄白泡苔
弁証
陽虚→陰盛格陽(体質的な陽気不足により、体の中心部が冷えて、熱量を外に追い出しているため、皮膚の正常な機能がうなくできない)
治療法
補陽+潜陽
服用経過
服用後1ヵ月で変化なし。中焦を温めて上下の交通を良くするために+人参湯
服用後2ヵ月、お顔の赤みの大きいところが減ってきた。
引き続き服用中。


●実際例-8●
【皮膚疾患】
主訴
ニキビ
年齢・性別・体格
18歳、男性、中肉
今までの経過
1年ぐらい前から頬と口の周りに小さい赤いニキビができるようになる。痒みなし。大学生になり、食事と生活の乱れが関係してる模様
体質
症状
体質普通、汗かき、足冷え、暑がり、食欲旺盛、大便普通〜やや軟便、目の辺縁がやや黒い、花粉症、溶血性貧血、黄疸の経験あり。
肉とラーメンが好きでよく食べる。舌:淡紅、やや胖、滑苔、歯痕
弁証
脾虚痰濁→痰熱上擾(自身の胃腸機能より上回る飲食摂取のために、余分な痰と熱が停滞し、それが皮膚に溢れてニキビになる)
治療法
健脾徐痰+清熱発散・化痰
服用経過
服用後1ヵ月でニキビは小さくなり色も薄くなっている。
服用後2ヵ月、ほとんど目立たなくなった。食事と生活の節制をお願いする。
引き続き服用中。


●実際例-9● 【皮膚疾患】
主訴
掌蹠膿疱症(両足裏・側面・指、手指)
年齢・性別・体格
75歳、女性、中肉
今までの経過
3年前から両足・手指の皮が白くなって剥けるようになり、患部が赤くなり、湿疹様で痛痒くなる。
2年以上、病院に通って治療したが全然改善せず。
友人の紹介で来店される
体質・症状
顔色は普通、食欲あり、二便普通。アレルギーあり、冷えはなく、体はまあまあ元気。
舌:淡紅、中央部に裂紋、薄白苔、やや燥
弁証
脾気陰両虚→営衛不和→気鬱熱滞
治療法
益気健脾・滋補脾陰・解表・調和営衛
服用経過
3ヵ月後、足の皮がむけて、赤みが減っている
4ヶ月後、足は良くなってきて、手はもうほとんど良い
5ヵ月後、自分本来の肌が出てきて、かなり良い
6ヵ月後、90%ぐらい改善、1日2回の服用にする
7ヵ月後、もうほとんど良くなった。予防で1日1回服用

1)女性の悩み  2)皮膚疾患・アレルギー  3)メンタル疾患 
4)痛み(首・肩・腰・膝・坐骨等)  5)生活習慣病
6)胃腸・体力

目次に戻る