コラム目次に戻る


松竹新喜劇万歳!

7月19日新橋演舞場で、藤山直美さん主演のお芝居を生れて初めて観てきました。「七夕名作喜劇まつり」と称して昔から人気のある喜劇3本を今風に脚色して上演されました。

実は僕は日本大学芸術学部卒業で、お芝居は昔から好きだったのですが、その当時はアングラ演劇が流行っていて、新喜劇などは興味がなかったのです。
でも、最近藤山直美さんのことをテレビで見てすごく興味が湧いたのです。もともとポチャッとした女性がタイプでしたし(女房も現在ムチャクチャポチャッとしてる!関係ないか)、理知的で個性的で目がキラキラ輝いていて面白くて、どうしても1回彼女のお芝居を観てみたかったのです。
それが女房の友人に「歌舞伎友の会」に入っている方がいて、その人が席を取ってくれるということで、僕は一番近くで見たかったので一番前の席それもど真ん中の席を取っていただいたのです。

イアヤー、ビックリしました!
おもしろかった〜〜!!
笑って泣いて3時間!想像していたよりみんな芝居が上手く丁寧で緻密でした。ツボを心得ているというか、プロフッショナルだなと馬鹿みたいな感心をしてしまいました。お話も面白いし、人情に訴えるところがたまらないし、役者がそれぞれ役割を上手に演じてこなしているのです。

直美ちゃんはやはり特別でした!
日本一です!
キャラもイイし、間もいいし、メチャクチヤさも素晴らしい!もちろんお父様に似ているのですが、その愛嬌、愛くるしさは天下一品です。芝居の上手さでは甲乙つけがたいですが、観察力の素晴らしいところは感動しました。

皆さんも機会があったら是非観てみてください。絶対損はしません。来年は女房と観に行くつもりです。
だってあんなに面白い芝居1人で観に行くの、もったいないもの!!
松竹新喜劇万歳!




僕にとって直美さんのお芝居チラシの第一号