コラム目次に戻る


夫婦善哉を観て

2月13日、新橋演舞場で、藤山直美さんと沢田研二さんの「夫婦善哉」を観劇しました。

この物語は、織田作之助が書いた小説をもとに脚色されたもので、今まで幾度となく舞台化され映画化された作品です。
舞台は大正末期から昭和初期にかけての大阪で、化粧品問屋の放蕩息子(沢田研二)としっかりものの芸者(藤山直美)の夫婦愛を描いたものです。

藤山直美さんは、どんな舞台を見せてくれるかすぐ想像できるのですが、沢田研二さんははたしてどんなんだろうか、半分楽しみで半分不安な気持ちでいきました。
結果は予想通りというか、それなりに「ボンボン」をがんばって演じて沢田さんの持ち味は出ていたのですが、もうひとつ物足りません。それは歌手だからと言ってしまえばそれまでですが、人間の観察力と表現力がいまひとつなのです。このお芝居を観る前に、実はテレビで沢田さんのコンサートの録画を見たのですが、こちらに伝わる何かがないのです。僕はジュリーの歌は前から好きなものが多かったですし、自分でもたまに歌いたくなるようないい歌があると思っていたのですが、コンサートでは、何百回も歌って慣れてしまっているような感じで、初めて見るような臨場感や迫力みたいなものが感じられなかったのです。舞台にも似た感覚を覚えました。それなりにこなして表面的には合格で文句はないのですが、心を揺さぶるものがこちらに届いてこないのです。

その点、藤山直美さんはすごい!当たり前かもしれませんが、やはりすごい!場面のひとつひとつに存在感と説得力があるのです。これはやはり観察力と表現力が天才的で、だれもまねができませんし、感服します。もちろん、まだ未完成なところもあり、ご本人が一番分っていると思いますが、お芝居を観に行ったお客という人間に訴えかける「なにものか」を持って舞台に上がっているのは確かです。でも、憧れのジュリーと共演となると、多少甘かったのかもしれません(笑)。どつき合うぐらいの迫力がほしかった。僕は直美さんのファンなので、「しょうがないか」とも思えますが、やはりプロならば、もう少し気概を見せて欲しかったのも偽らざる気持ちです。

全体的には、おもしろかったですし、人情話を上手に仕上げたと思います。商業演劇は、お話の機微も楽しみのひとつですが、役者さんの味付けひとつでずいぶん変わってしまう部分もあります。結局、舞台に立つと、その人間性が現れてしまうのです。怖い事ですが、それを肝に銘じて役者さんは舞台に立つことが必要ですし、大切なことなのでしょう。

あいかわらず、小島慶四郎さんは、軽妙で重厚でした。出てくるだけで、観ているだけで楽しい役者さんです。これからもお元気で舞台に出ていただきたいと本心思いました。

『夫婦善哉』新橋演舞場平成17年2月公演
新橋演舞場前で  妻と私