コラム目次に戻る


食料自給率の低下は何を意味するか

 

 今、日本の食料自給率は40%を切り、39%になっているということが新聞に書いてありました。福田首相も「日本の農林水産業を立て直さないといけないし、積極的な姿勢で臨む」と言っていましたが、そもそもこうなってしまった原因はどこにあって、食料自給率が下がると何が問題なのでしょうか。

 新聞などで色々言われているのが、労働力の中国の進出です。安い労働力で野菜から加工食品まで出回ってきたことなどが関係しているということですが、それを買うのは日本人だということです。繊維産業の衰退も同じ原因でそうなりました。牛肉も今BSEの問題で輸入を控えていますが、この先は分りません。しかし、世界中で食品が輸出入される現代では、自給率が下がってもしょうがない状況に思われますが、実は違うと思います。

 今の日本が経済発展中心の社会を作ってきてしまったために、生物としての本来の生き方からかけ離れている状態を作り出してしまったといわざるをえません。経済中心になれば、格差が生まれ貧乏人が増えるので、とにかく安いものを買わないと生活できない状況になります。そうすると加工貿易の輸出で生きている日本では、交換で外国から食物を輸入しなければならず、またそれに加えて、自国で作ったり獲れた食物より安くて便利なものを欲しがる消費者に応えざるをえないので益々自給率が下がっていくわけです。

 僕が恐れているのは、世界的な気候変動による作物の大恐慌が近いうちに起こるであろうということです。作物ができなければ、自国民の食料を確保しなければならないので、当然食料の輸出は大幅に縮小されるでしょう。そうなってから、さあ米を作ろう、といっても間に合いません。さらに気候変動の影響で、自国の作物も大幅に減るでしょうから、ものすごいパニックになる可能性があります。こういうことを自分達の子供たちや孫達に経験させたくありません。

 では、どうすればいいのか。まず、「食」を見直すことです。「飽食」の時代ですが、「粗食」に移行していくことです。それは昔ながらの和食を中心に、無駄が出ないように食べ物を大切にする精神も養わないといけません。次に食事の形態を考え直すことです。今の若い人は、いや日本人のほとんどみんなが「インスタントもの」や「コンビニもの」で食事を済ませている状況です。つまり「便利」と「安価」が一番で「中味」は二の次になっています。これはしょうがない部分もありますが、このままではいけません。本当の日本人の食事を「健康」の面からも「経済」の面からも再検討することで、変わる契機になると思います。そして真に豊な生活は何かを見つめることも必要だと思います。

 食料自給率はすぐには上がりませんが、私たちひとりひとりが今の食生活と社会を見つめなおすことで、自給率が少しでも上がっていけばと願います。粗食は健康に良いし、無駄を省けば環境に良いし、自国の農林水産業を盛んにすれば日本を守れるし、世界にも貢献できると思います。産業構造も変える必要がありますが、私たちの意識をまず変えていくことが大切なのかもしれません。


病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク