コラム目次に戻る


久し振りの大漁

息子(中学3年)と久し振りに釣りに出かけました。
釣りといっても川や沼などで小鮒狙いで私ひとりか、友人とでたまに出かける程度ですが、ここのところ不調で今年はどこに行っても全然だめでした。ですからほとんど期待していなかったのです。

ある釣り道具専門店に貼ってあった釣り新聞の情報を頼りに、先週行った所がどうしても気になっていたのです。先週はピクリともしませんでしたが、なんか釣れそうな気配がしていたのです。3〜5mぐらいの川幅で、シダがぼうぼうと生えていて、魚がポチャと跳ねていたのです。

朝4時に起きて5時頃から釣り始めたのですが、やはり最初は全然ピクリともせず、場所を変えて再チャレンジしたのです。そうしたら来ました!マブナです。10cmぐらいの!早速違う所で釣っていた息子を呼んで釣り始めました。

私の釣れたところで息子にやらせたのですが、どういうわけか私の方しか釣れません。しかし、やっと息子の竿にかかりました!大きいです!17〜18cmぐらいはあるでしょうか。しかし、網を持ってくるのを忘れて手に取る手前でばらしてしまったのです。申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

その後も私には来るのですが、息子にはなかなか来ませんでした。それでも全部で10匹釣れました。それも10〜17cmぐらいのイイ型です。私は大満足デスが、息子はどうだったんだろうか?やはりたいしたことではなくても、経験の差は出てしまうのでしょう。えさのつけ方、ポイントの選び方、合せのタイミング等。

息子は来年高校受験ですが、今回の経験は息子にとってはまた違う意味で勉強になったと思います。気分転換にもなったと思うし、久し振りに親子の時間が持てました。息子に「楽しかった?」と聞いたら「うん、楽しかったよ!」と言ってくれました。またいっしよに来ようと思いました。

あー、あの浮きのクッと沈む光景が頭にこびりついて離れません!やっぱり釣りは楽しい!(釣れれば当たり前)



病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク