(3)婦人科疾患生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


婦人科疾患


更年期の諸症状 「肝腎」を強くして更年期すっきり


Q.子育てを終えて一段落、と思ったら、最近急に顔や体がほてるようになりました。イライラして不眠にも悩んでいます。(50歳・主婦)
A.不眠、めまい、動悸、腰痛など更年期に起こるさまざまな症状は、女性には避けられないものです。美容や健康に敏感な女性にとっては気になる症状です。
 更年期の症状は、女性ホルモンの乱れが自律神経に影響を及ぼして起こります。
 漢方では、更年期の症状は子宮の老化、と考えています。子宮を支配するホルモン系の働きをすると考えられる「腎」が衰えると、自律神経をコントロールする「肝」の働きも低下します。
 「肝腎かなめ」などの言葉があるように、肝と腎とは密接な連携関係にあります。更年期の症状は「肝腎」を強めて体のバランスを整えます。

※ 肝と腎は現代医学的にいうと、それぞれ自律神経系、ホルモン系の働きをしているといわれています。

生活アドバイス  ストレスをためない(楽しめる趣味を作りましょう)
        
 適度な運動を心がける
        
 正しい生活のリズムを作る(起床と就寝の時間を一定に)

のぼせ・ほてりがあるのぼせ・ほてりがない

のぼせ・ほてりがある

のぼせ・ほてりがない

めまい。耳鳴り。腰痛。
寝汗。顔が赤い。
動悸、不眠、夢を多く見る。
物忘れをする。
イライラ、怒りっぽい。
胸脇や乳房が脹る。肩こり。筋肉痛。
元気がない。手足が冷える。
腰や下肢がだるい。むくみ。

熱を冷まし、栄養を与える 心と腎の機能を補う 精神を安定させ、ストレスを除く 体全体の精力・活力をつける


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


子宮筋腫・子宮内膜症 体調を整えながら自然に解決


Q.最近ナプキンの使用量が多くなり、気がつくと下腹部に小さなしこりができていました。痛みが強いので医者に行ったところ、子宮筋腫と診断されました。手術しないで治したいのですが。(30歳・OL)
A.子宮筋腫は大きくなるにつれて痛みが増してきます。しかし、良性の腫瘍ですからそれほど心配する必要はありません。かつては摘出手術を行うことがありましたが、現在では薬剤を使いながら経過を見るようになっています。漢方では子宮筋腫を、子宮の周辺の滞った血液()と過剰な水分(痰湿)が固まった「コブ」としてとらえています。子宮は血液が多く集まるところですから、こうした「コブ」ができることはけっしてめずらしいことではありません。治療は、余分な血液と水分を除去しながら、生理痛などの付随症状を改善するようにします。

※ 痰湿(たんしつ)・・・体の中にたまっている病的な水分。
  
(おけつ)・・・・ネバネバ血液。どちらも病気の大きな原因になる。

生活アドバイス  適度な運動を心がける
        
 体の冷やしすぎに注意を
        
 動物性脂肪をとり過ぎない

多い不定(多かったり少なかったり)

多い

不定(多かったり少なかったり)

生理痛が強い。
生理時に血塊がある。
おりものが多い。白くて粘い。
胸や胃が痛むことがある。
イライラする。乳房が脹る。
生理痛がある。

血液循環をよくする 停滞している血液・水分を調整 精神を安定させ、ストレスを除く


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


尿失禁 ゆるんだ尿道を引き締めたい


Q.子供を出産してから、くしゃみをした拍子に、おしっこを漏らすことがあります。外出するのもおっくうになり、困っています。(40歳・主婦)
A.尿失禁に悩んでいる女性はめずらしいことではありません。女性は男性と比べて尿道が短く、バルブ的な働きをする膀胱の筋肉が影響を受けやすいのです。それに加えて女性特有の原因として妊娠・出産があります。また加齢や性ホルモンの低下も一因となるので、高齢になるほど増えていきます。漢方では、内臓、特に脾胃や腎の働きが衰えて起こる症状と考えています。脾胃や腎の働きを強くすることで膀胱の括約筋を引き締め、気になる尿失禁を抑えます。

※脾胃(ひい)は現代医学的に言うと、胃腸系の働きをしています。エネルギーを作る源として、漢方では重要視しています。

生活アドバイス  適度な運動で体を動かしましょう
        
 尿道付近の筋肉を引き締める運動を
        
 精神をリラックスさせる

近いふつう

近い

ふつう

疲れやすく元気がない。声に力がない。
食欲不振。
冷え症。
ふらつき。腰や膝がだるく力がない
尿が濃く量が少ない。
のぼせ、ほてり、ねあせがある。

エネルギーを増し、からだを元気に 体全体の精力・活力をつける 熱を冷まし、栄養を与える


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


主婦湿疹 指先まで栄養と、うるおいを


Q.結婚して水仕事をする事が増えてから、手が荒れ湿疹ができるようになりました。塗り薬をつけても、あまり効果がありません。(28歳・主婦)
A.水仕事をする機会が多い女性は、主婦湿疹が起こりやすくなります。特に合成洗剤は脱脂作用が強いので、使いすぎると手の皮膚が乾燥して皮膚の抵抗力を奪います。水仕事をしても、すべての人が湿疹になるわけではありません。漢方では、主婦湿疹になりやすい人は、「血」という栄養物質に問題があると考えています。抹消のすみずみまで「血」を送ることができないので、手のひらのかさつきやヒビ割れなどの症状があらわれるのです。治療は不足している「血」を補ったり、胃腸を立て直して「血」を作る力を強くするなど、指先の栄養状態を高めることをポイントに行います。

※「血」(けつ)・・からだの働きを支える栄養物質。「血」が不足したり流れが悪くなったりすると、生理や髪、肌など、さまざまなところに影響が現れます。

生活アドバイス  水仕事をするときは必ず手袋で保護する
        
 冷水を避け、ぬるま湯を使う
        
 水仕事の後はクリームでケアする

あるない(あっても薄い)

ある

ない(あっても薄い)

患部が赤くかゆい。
かくと出血する。
指先が乾燥している。
カサカサして亀裂ができて、しみて痛む。
指先が乾燥している。
亀裂が深い。触れると痛む。

熱を冷まして炎症を抑える 指先の血行を促進して栄養をあたえる エネルギーや、栄養物質を増やす


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


便 秘 便通は美容と健康のバロメーター


Q.お通じの調子が悪く、ときには1週間も出ないことがあります。最近は薬の量が増えているだけでなく、頭痛や腰痛にも悩まされています。(32歳・OL)
A.一般的には便秘は病気とは考えられないため、長い期間にわたって続いていても、あまり深刻には考えません。でも、たかが便秘、とあなどっていると、腸の働きはどんどん悪くなってしまいます。また便秘体質の人は、頭痛、めまい、肩こりをはじめ、肌あれやニキビなども出るようになります。まさに、便通は美容と健康のバロメーターなのです。漢方では「お腹が脹る便秘」と「お腹が脹らない便秘」の2つに分けて治療します。内臓の働きが弱くなると、お腹の脹らない便秘になりやすいといわれ、若い人を中心に増えています。漢方薬は単に便を出すだけでなく、内臓の働きを強くして便秘に伴う不快な症状も一緒に解決します。

生活アドバイス  偏食を避け、さまざまな食材を食べる
        
 腹筋を鍛える
        
 朝のトイレタイムを習慣づける
        
 水分と生野菜のとり過ぎに注意!

脹って苦しい脹らない

脹って苦しい

脹らない

腹痛。口臭。臭いガス。 ストレスが強い。便が細くスッキリでない。
ガスやげっぷが多い。
排便に時間がかかる。出始めが硬くあとは柔らかい。疲れやすい。 兎糞のようなコロコロ便が出る。
皮膚が乾燥し、顔につやがない。

胃熱を冷まし、便を柔らかに 自律神経を緩和し、排便を促す 便を出す力を強くする 腸に栄養を与え排便を促す


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ


むくみ 水分を除去してからだスッキリ


Q.ふだん水分をとり過ぎないようにしていますが、下半身がむくみやすいので困っています。夕方になると、体全体に重だるい疲れを感じます。(28歳・OL)
A.特に器質的な障害がなくても、誰でもむくみは経験します。女性にとって、顔や下半身に現れるむくみは、外見上太って見えてしまうことがあるため、早く解決したい症状といえるでしょう。むくみは五臓の中の「脾」の働きがポイントになります。脾は私達が口にする飲食物を吸収し、栄養水として全身に送る働きをしています。ところが、脾の働きが悪いと体内に病的な水分がたまってしまいます。これが、むくみとして現れるのです。漢方薬は、利尿剤と違って悪い水分だけを排出し、体をスッキリと引き締める働きがあります。

※「脾」(ひ)・・五臓の一つで、特に水分代謝をコントロールしている。

生活アドバイス  水分をとりすぎない   
        
 適度な運動をしましょう
        
 バランスのとれた食事を

急にむくむ繰返し起こす

急にむくむ

繰返し起こす

顔のむくみが強い。口が苦い。
胸脇部が脹って苦しい。
下半身のむくみ。元気がない。
疲れやすい。食欲不振。
下半身のむくみ。体が重だるい。
皮膚につやがない。生理不順。

自律神経を整え体液を調整する 胃腸機能を整え水分をさばく 水分代謝を整える


◆婦人科疾患項目◆生理不順生理痛冷え症不妊症月経前症候群おりもの更年期の諸症状子宮筋腫・子宮内膜症尿失禁主婦湿疹便秘むくみ

季節の疾患情報&ニュースお肌のトラブル対策相談コーナーなんでも交流掲示板店主コラム当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク