肌荒れ・小じわ・肌の老化

老化といえば、シミ、シワ、白髪

 寄る年波に若さを失ったというイメージ、イヤな響きですが、とりあえず老化の代表格です。
 特に、冬は冷気や乾燥でお肌も水々しさや張りを失いがちですが、最近では若い世代の方でも目の周りのクマ、目立たぬまでも小じわを気にする傾向があるようです。
 秋から冬支度に入る晩秋は、老化のトラブル、シミ、くすみ、たるみ、小じわなどでお悩みの方、また、若い方でも乾性の強い方や敏感肌の方はつらい時期でもあります。
 慢性化した湿疹、月経疹、アトピー性のトラブルの場合、特に目の周りは乾燥のため目元がやせてきます。

そこで、水分保持に欠かせない3つの成分のお話をしましょう

 皮膚の乾燥は、角質内成分を溜め込んで逃がさない水分保持能力(保湿能)が低下するのが原因です。

保湿能を高める3つの成分
1) 柔軟性維持の天然保湿因子(NMF)
2) 水分保持のセラミド(角質細胞間脂質)
3) 水分蒸発防止の皮脂膜

これらが大いに関係します。

 そして、これらが単純に不足気味の場合が通常の肌荒れ、小じわです。この段階を仮性ジワといい、お肌のタイプ、トラブルにもよりますが、皮膚を清潔に保ち、しっとり潤すことで目立たなく解消できます。

 一方、真性ジワといわれるものは真皮本体の結合組織を作っている細胞成分、繊維成分、基質成分などです。人のお肌の年齢はその人の真皮の状態が表すといわれる由縁で、真皮本体がいわば心臓部、若さを作り出す部分です。
 この真皮の蛋白質の変性、退化が原因でしわ(真性ジワ)となるのです。

 このように、シワには真性ジワと仮性ジワがあります。

専門的なことばの解説

 皮膚の構造は一般に皮膚と認識している角質層の下に3つの層をもち、角質層を含めた上部4層を総称して「表皮」といいます。そして、上記にでてきた「真皮」とは表皮の下部に位置するもので、一般に表皮の厚さが0.1〜0.3mm、真皮は2mm前後とされています。

対策は早めに

 シワは放っておくと、ますます溝が深まり硬くくすみ、しなびてきます。皮膚の寿命を少しでも長持ちさせるには早め早めのスキンケアで皮膚の老化を食い止め若さを維持させましょう。

シワの種類を分類すると・・・

1) 線状ジワ
 老化に伴う顔面、特に目元の外側から放射線状にはしる、俗に「カラスの足跡」といわれるシワと額や首にできる水平なシワ。

2) 図形ジワ
屋外で働く人などによく見られる、うなじや額など特に紫外線の影響を受けやすい部位に多く見られる交差したシワ。

3) 縮緬ジワ
大腿部や腹部などに多い皮膚のたるみから生ずるシワ、また、ひじ、ひざ、指の関節などのシワ、たるみ。

 上記のようなシワによって年齢より老けて見えることは精神的にも社会的にもマイナス要因となることが多くあります。

乾性肌の本格的な悩みはすでに自覚症状のある30代から始まり50代に入りますと急激に小じわ、シワが増加してきます。今後もクローズアップされてくる老化の予防、改善のためにも毎日のスキンケアと症状に対応した美容対策をしっかり身に付けましょう。

戻る


病気・疾患対応&治療・改善方法季節の疾患情報&ニュース相談コーナーなんでも交流掲示板店主コラム当店紹介漢方な話健康補助注文コーナーリンク